余談ですが。

基本雑記の駄ブログ 更新超不定期

小さなアイデア一つで世界は楽しく変わる

問題はそのアイデアが出るか出ないか、どうも僕です。

今ふとトラックバックテーマを見たら1234回だったのは内緒で進めるシリーズ。

えー、マンガが更に増えました、やったねたえちゃん。

今回はレビューというか説明というかはしませんがね。

僕が向こうにいる間に、ダンボール戦機というゲームが発売されました。

知ってる知らないはどうでもいいんです、つらつら書いてくだけなんで。

ダンボール戦機、概要は


2046年、強化ダンボールの発明によって世界の物流は大きな革新を経た。

外からも内からも衝撃の80%を無にしてしまうこの未来の箱は、全く違う目的で使われる事となった。

その約2年前にLBXという小型ホビーロボットが発売されたのだが、あまりにも強力すぎる武器、人間に危害が加わるとして販売中止にまで追いやられたのだ。

そして強化ダンボールの発明により、そのLBXは再び戦場を得ることができた。

強化ダンボールの中で戦う勇敢な戦士達、人々はLBXを『ダンボール戦機』と呼んだ。


というものです、しかしぶっちゃけこれはゲーム内の物語にあまりかかわってこないのは内緒。

事実ダンボール戦機とは呼ばず、LBXと呼ばれています。(ただし世界観では商品名としては使われている)

そして主人公、山野バン君は中学一年生、中学一年生ではLBXを買うお金も無く、親も許してくれませんでした。

それもそのはず、バン君の父親はLBXの開発者なのですが、LBXの開発に没頭したため、命を落とすことに・・・

しかし模型店の店長にLBXを借り、友達とLBXバトルを楽しむ毎日、そんな平凡な毎日はある日を境に急変したのです。

いつものように友達とのLBXバトルを終え、夕焼けの河原を一人歩いている時の事でした。

白衣を着た女の人、そしてその人を追う黒服の男二人組、いかにも怪しい。

白衣の女の人はバン君にアタッシュケースを渡し「この中には、人類の希望と絶望が詰まっている」を告げ、黒服の目をバン君からそらすために囮となって走り去りました。

家に帰りアタッシュケースを開けてみるバン君、そこにはAX-00と書かれたLBXが。

手に取ったその瞬間、謎のLBXが三体、バン君に襲い掛かる!

バン君はやむを得ずAX-00を起動させ応戦、その戦いは是非とも自らの手で!


ダンボール戦機、正直ナメてました、恐るべしレベル5・・・

カスタムロボやメダロットがドストライクなのもありますが、両者ともリアルな動きができなかったところが残念な点です。(まぁ両者ともそれがイイんですが)

ダッシュで慣性のついた動き、華麗な必殺ファンクション、そして慣れてくると気づくコンボ・・・

メダロットやカスタムロボと同じように好きなパーツを使い、自分オリジナルの機体を作り上げられる・・・

さらにメダロット、カスロボと違うところは武器を持たせられる、つまり腕の外見を変えずに違う攻撃ができる!

PSPのスペックをかなりうまく引き出してるソフトですヨコレハ!

BGMもかっこいいし、ライバルとの戦いに友情、まさに少年漫画の鉄板が詰め込まれてるという部分もあり、そしてラスボスはまさかの・・・

さて、両手離しで今のところほめてますが、まだまだ残念なところも確かにあります。

例えばストーリーパートでキャラの表情が一つしかない、バン君がとても沈み込むシーンがあるのですが、通常の元気いっぱいの顔でうつむいてるのは正直シュールでした・・・w

まぁ第一弾(?)という事もあり、様子を見たのか隠し要素が全く無いのも少し物足りなさを感じました。

が、やりこみ要素は半端無いです、下手しなくてもポケモン並みのやりこみができるレベル。

後パーツ数、CMで2500種類を越えるパーツと言っていますが、あれは色違い、グレードを全部別々に考えたお話ですので、実際に一式そろえるとなると少々・・・

確かにそれでも十分な数なんですけどね。

そして一番、いっちばん残念なのがです。

カスタムロボは各種パーツの色が固定で、性能が変わる(弾道や爆風etc...)と、色が変わって「あ、アイツ○○R使ってるな」とかわかったのですが、ダンボール戦機は先述したとおり武器を自由に変えられるのです。

メダロットと一緒なのですが、メダロットと大きく、それはもうドデカく違う点が一つ!あるんです!

それは・・・




機体の色が自分の好きな色に変えられない。

え?とか思ったアナタはちょっと話合わないかもしれないのですが・・・

ほら、ガンプラとか作っててさ、適当なパーツ組み合わせるじゃん、で、色統一すれば自分専用のオリジナルガンダムとかできるわけじゃん。

それにビームライフルなり、実弾銃なり、ビームサーベルなりもたせるわけじゃないですか。

で、挙句の果てには勝手な設定をつけちゃうとか。

それができないんですよ!チックショウ!

そこのところ、次回作が出るなら検討していただきたいポイントです・・・

しかしそういう点を気にせず、戦うことだけ楽しめるんであれば正直な話、モンハンよりも時間がつぶせるゲームです。

アニメのマンガもやっていますし、興味のある方は是非!マンガはこないだ一巻がでましたので!
スポンサーサイト
  1. 2011/07/11(月) 23:31:58|
  2. レビュー【ゲーム】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<模型の夜明けぜよ | ホーム | そもそも更新する意味というものが無いけれど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boukenou3000.blog24.fc2.com/tb.php/107-9ea2024d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ターメリック ohuroin_bot

Author:ターメリック ohuroin_bot
日々増える箱とマンガに頭を悩ます。

あ、リンクフリーです。
こんなブログリンクする物好きがいればの話だけどね!

Twitterやってます、よろしければ。
@ohuroin_bot
botってついてるけど本人だよ!

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
雑記 (80)
レビュー【ゲーム】 (5)
レビュー【プラモ】 (3)
レビュー【フィギュア】 (6)
レビュー? (5)
カードゲーム全般 (7)
カードゲーム【ヴァンガード】 (20)
カードゲーム【WIXOSS】 (2)
カードゲーム【Z/X】 (1)
チャリ旅 (8)
シンデレラガールズ (2)
艦これ (4)
仮面ライダー (2)
トラックバックシリーズ (3)
デモソ (1)
発売情報 (10)
SS (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード