余談ですが。双闘

基本雑記の駄ブログ 更新超不定期

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【第一回】呉鎮守府第8843司令室【駄文】


なんかそんな試みです(挨拶)

ぶっちゃけ書く事ないんで、やってるゲーム(基本ブラウザ、アプリ)を台本形式で書いていこうかなっていうアレです。

以前にも増して痛々しいので読む方、黒歴史のある方はご注意を。

あぁ、個人設定盛り盛りです。

え?そんなんネットの海に放流して恥ずかしくないのって? 何を今更













―呉鎮守府 第8843司令室

霧島「はい、出撃報告書、確かに受け取りました。」

U-511「ダンケ……それじゃあゆー、しおいちゃんが出るまで待機してますね……。」

霧島「えぇ、ゆーちゃんもお疲れ様、今日の出撃はもう無いから、部屋でゆっくりしていいわよ?」

U-511「え、そうなの……?」

霧島「提督が「補給線を叩けていないのに主力とぶつかってばかりで、潜水艦達も疲れているだろうし、今日はもうおしまいでいいや……」と。」

U-511「Ad……提督が頑張れって言ってくれれば、ゆー頑張るよ……?」

霧島「うーん、私では判断しかねるのよね……まぁ、まだ任務期間に余裕がありますし、明日また頑張ってね、ゆーちゃん。」

U-511「ダンケ、でっち達にも言ってくるね。」

霧島「お願いしますね、お疲れ様でした。」



コンコンコン

霧島「どうぞー?」

如月「失礼します、演習報告書を提出しに来ました……あら?司令官はどちらに?」

霧島「自らの運の無さを嘆いて「ちょっと走ってくる」と外へ……。」

如月「もう……何があったかは知らないけど、如月をお迎えしないなんて、失礼しちゃうわ。」

霧島「いつも皆さんが帰投されるのを待っていらっしゃるのですけどね、昨日から全く補給線を……いけない、兎に角出撃がうまくいっていないようなので、仕方ないのかと。」

如月「……そうね、ストレスは発散しないと体に毒ですものね。」

霧島「えぇ、もう少ししたら戻られると思いますが、どうします?」

如月「ここはおとなしく自室に戻りますわ、お疲れのところで如月がご迷惑お掛けするのはいけないことですものね。」

霧島「そうですか、では提督には「如月ちゃんが帰ってきた」とお伝えしておきますね?」

如月「あら……ありがとうございますね、霧島さん。」

霧島「いえいえ、これも艦隊の士気に関わりますから。」

如月「流石、余裕ですね、ふふっ。」

霧島「さぁ、なんのことでしょうか、ふふっ。」

如月「では、こちらが報告書です、司令官によろしくお伝えくださいね。」

霧島「はい、確かに受領しました、お疲れ様でした。」



霧島「……」モグモグ

バンッ!

霧島「!?」ゴクッ

天龍「天龍隊、遠征から帰還したぜ! 提督、バケツみつけt……」

霧島「ゴホッゴホッ」ムネタタキ

天龍「どうしたんだよ霧島サン。」

龍田「天龍ちゃんがドア勢いよくあけたから、びっくりして食べてたバームクーヘン喉に詰まらせちゃったんだと思うな?」

天龍「お、龍田も帰還したのか!」

天津風「私もいるわ、皆ほぼ同じタイミングで帰ってきたみたいね。」


第二艦隊旗艦:球磨
第三艦隊旗艦:天龍
第四艦隊旗艦:龍田

龍田「はい、霧島さん、水ですよー。」

霧島「」ゴクッ

霧島「はぁ、助かりました、龍田ちゃん……天龍ちゃん! 貴女いつも言っているでしょう! 扉は静かに開けなさいと!」

天龍「そうだったな、すまねぇ霧島サン!」カカカ

龍田「天龍ちゃん? 皆さんにご迷惑かけちゃ駄目っていつも言ってるでしょう?」ヒヤヤカナエガオ

天龍「ヒッ……ゴメンナサイ!?」

龍田「今夜、覚悟しておいてねぇ? うふふふ♥」タイシュツ

天龍「ヒェェェ……」タイシュツ

霧島「全く……あら、遠征報告書置いてあるわ、いつの間に。」

天津風「あの、私も提出していいかしら?」

霧島「えぇ、勿論……あら? 天津風ちゃん? 球磨ちゃんはどうしたのですか?」

天津風「それがその、母港に着いた時転んでしまって、鼻をすりむいて。」

霧島「はぁ、それだけ……?」

天津風「そうしたら「こんな顔じゃ提督に会えないクマー!」って言って入渠ドックの方へ走り去ったわ……。」

霧島「球磨ちゃんも、恋する乙女だったのね……まぁ、事情は理解しました、大目に見ましょう。」

天津風「助かります、多摩さんは次の遠征出発までにやりたいことがあるって、報告書だけ書いてどこか行ってしまったので。」

霧島「あの子もあの子で未だ掴み所無いわね……はい、確認しました、受領します。」

天津風「では、また5分後に出発します。」

霧島「えぇ、お願いしますね。」



ヤセンー!ヤセンー!

アイテガセンスイカンダッタカラショウガナイデショー!

霧島「(帰ってきたわね)」

コンコンコン

霧島「どうぞー。」

神通「軽巡 神通入ります、演習報告書を提出しに参りました。」

霧島「お疲れ様d」

ヤセンサセロー!

アッ、ダメダヨオネエチャン!

川内「提督! 夜戦させてくれる約束はどうしたの!? ……って提督は?」

那珂「もうっ、神通お姉ちゃんの報告書出しに行くのついてくって言った理由ってこれだったの!?」

霧島「提督ならそろそろ戻られます、それより川内さん、先に神通さんの報告書を受け取っても?」ギロッ

川内「アッ、ハイッ、ゴメンナサイ……。」

那珂「もう……。」

神通「姉さんがすみません……こちらが報告書です。」

霧島「もう慣れましたよ、大規模改装の為に練度上げるため鎮守府あげて川内さんをバックアップしていた時にですね……はい、バッチリですね、受領します。」

神通「ありがとうございます、それでは、ほら姉さん、行きますよ?」

川内「いや、私は提督を待ってるよ、話したいこともあるし。」

那珂「もう、どうせ夜戦のことでしょー? 早く寝ないとお肌荒れちゃうよー?」

神通「那珂ちゃん、川内姉さんのことは、提督にお願いしましょう? こうなってしまったら私達が言っても、もう聞き入れてくれませんし。」

那珂「うーん……提督の迷惑に……はぁ、しょうがないね。」

霧島「あまりに白熱するようでしたら、私が止めますので安心してください?」

神通「もしもの場合は私も駆けつけますので。」

霧島「ありがとうね、神通さん。」

那珂「(この二人怒らせたくないんだよなぁ……川内お姉ちゃん大丈夫かな……)」

神通「では、私達はこれで。」

那珂「川内お姉ちゃん、あまり提督を困らせちゃダメだよ?」

川内「わかってるわかってるてば、あくまで意見具申するだけだよ。」

那珂「ならいいけど……それじゃ、失礼しましたー。」

神通「」ペコリ

―金剛型 霧島室

霧島「って事があってね? 結局川内ちゃんを神通ちゃんが引っ張って行って事態はおしまい。」

霧島改二(以下霧二)「まぁ、川内ちゃんったらまたそんなこと……。」

霧島「まぁ、彼女も無理な意見だというのはわかってると思うんだけどね、どうしても譲れない物なんでしょうね。」

霧二「私は、川内ちゃんのそういうところ好きですけどね、ふふっ。」

霧島「私も嫌いではないわよ? アレも彼女のストレス発散にもなっているみたいだしね?」

霧二「えぇ、彼女が大規模改装の為に練度を上げていた時、私が一番近くにいましたもの、よくわかっているつもりよ?」

霧島「彼女に関しては、貴女にはかなわないわね……それじゃあ、明日の秘書官はよろしくね?」

霧二「えぇ勿論、貴女はゆっくり羽根を伸ばしてきていらっしゃい。」

霧島「ありがとう、それじゃあもう寝ましょう?」

霧二「そうね、それではおやすみなさい。」








いくつか補足

・当司令室には霧島が二人います、霧島(改)と霧島(改二)です。
 ちなみに練度も在籍歴も霧島(改)の方が上、今回秘書官をしていたのは(改)の方でした。

・夏イベでE-7攻略どころかE-6攻略すら失敗した提督は戦力の底上げとバケツの確保、それと入手しそこなったカタパルトを入手しようと奮闘しているようです。
 でもウィークリーが終わらねぇ終わらねぇ。

・ろ号を終わらせる為に潜水艦達にオリョクルってもらってます、ぶっちゃけ今までオリョクルった事なかったので、よく叛逆起こしてるゴーヤ達潜水艦はむしろ「お仕事できるでち!」とレベルをモリモリあげてます。

・如月は丁度昨日改二になりました、とりあえず改二にできる(っていうかレベル的にすぐできそうな)やつらは改二目指して演習の毎日です、次は神通の番。

・夏イベはぶっちゃけバケツ不足で死んだので、今必死こいて……こいてねぇな、適当に遠征回してます。
 実は夏イベは開始時バケツ数が90もなかったのでクリアできなかったのは必然だったような……。
 更に提督が陸に出張してたのもデカかった。

スポンサーサイト
  1. 2015/10/17(土) 23:36:02|
  2. 艦これ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガルパンはいいぞ | ホーム | うべなうー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://boukenou3000.blog24.fc2.com/tb.php/183-8b620e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ターメリック ohuroin_bot

Author:ターメリック ohuroin_bot
日々増える箱とマンガに頭を悩ます。

あ、リンクフリーです。
こんなブログリンクする物好きがいればの話だけどね!

Twitterやってます、よろしければ。
@ohuroin_bot
botってついてるけど本人だよ!

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
雑記 (81)
レビュー【ゲーム】 (5)
レビュー【プラモ】 (3)
レビュー【フィギュア】 (6)
レビュー? (5)
カードゲーム全般 (7)
カードゲーム【ヴァンガード】 (20)
カードゲーム【WIXOSS】 (2)
カードゲーム【Z/X】 (1)
チャリ旅 (8)
シンデレラガールズ (2)
艦これ (4)
仮面ライダー (2)
トラックバックシリーズ (3)
デモソ (1)
発売情報 (10)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。